INTERVIEW

受付事務 2011年度入社 逸見 理映

受付事務 2011年度入社 逸見 理映

QUESTION 01

合同説明会に参加していたハヤシの社員の言葉が決め手になりました。「ハヤシの仕事は楽ではありません。正直言って大変なことの方が多いです。ただ、その分やりがいはあります。そしてチャレンジ精神がある方に対しては何年目であろうと応援してくれる環境があります」この言葉に「ここしかない!」と思いました。やりがいがある仕事をすることで人として成長したいと思っていたので”ハヤシ”に決めました。

QUESTION 02

自分のできることの幅は広がりました!それでもまだまだ覚えることや勉強することはたくさんあります。ハヤシの社員は何年経っても勉強し続ける人が多いという印象が8年経った今でもありますね。初めは自分の任された仕事を覚えること、自分自身のスキルアップをすることが課題でしたが、今は後輩の成長や部署間の連携など任せてもらえる仕事も変わり、それに伴って日頃考える内容も変わってきました。チームで仕事をすることの楽しさと難しさをどちらも感じています。

QUESTION 03

たくさんありますがやはり『人間関係がとても良いこと』です。悩んでいれば相談に乗ってくれる上司・先輩がいます。一緒に競いながら支えあえる同期がいます。いつも何にでも全力な後輩がいます。先輩後輩関係なくいい刺激をもらってお互い成長できる環境がハヤシにはあります。”クレド”というハヤシの行動方針にも「素直な心で上司・部下にとらわれず、積極的に良いと思うことを伝え、受け入れあえる良き関係を目指します」という言葉があります。そういう想いで働く社員がたくさんいる環境がハヤシの最大の魅力です!

QUESTION 04

『相手に信頼してもらえる仕事をすること』です。お客様に対しては約束を守ることであったり、気持ちの良い迅速な対応をすることはもちろんですが、一緒に働くスタッフに対しても頼まれたことは即時処理する等「逸見さんは頼りになる!」と思ってもらえるような仕事をしようと思っています。私は女性初の”リーダー”になりました。私がリーダーとなったのは「仕事が出来るから」ではなく「期待をされているから」だと考えています。その「期待」に応えることが私の役割です。私にとってはリーダーになったからゴールではなく、リーダーになってからが再スタートです。

QUESTION 05

何事にも一生懸命な人です。私もそうでしたが、入社してすぐは知識もスキルもないのは当たり前ですし、自分1人でできることも限られています。だからこそ目の前にある今自分ができることを一生懸命にやってほしいです。入社する会社が正解になるか不正解になるかは自分の捉え方と行動次第です。道は自分でつくれるのです。この会社にいてよかった・正解だったと思える理由を自分で作り、幸せになってください。

QUESTION 06

部署を越えて女性スタッフに頼りにされる人になることです。私自身も周りの多くの人にたくさん助けてもらってきました。仕事に対してマイナスになり、落ち込んだことも正直ありました。その都度先輩や同期が励ましてくれて、指摘してくれてここまでやってこれたと思います。それと同時に『同じ女性として頼れる上司や先輩がもっといたら・・・』と思うこともありました。女性スタッフのために何が出来るかを考え出したのは、外部のマナー講師の女性がきっかけでした。講師の方がちゃんと私の話を聞いて行動してくれたのです。そんな経験は初めてで、頑張るきっかけになりました。そのときに、色んな人の意見が聞ける人になりたい、それを上司に伝えられるようにならないといけないと思いました。そして、「社内にそういう人がいるべきだ。じゃあ私がなろう!」、そう決めました。今後の一番の目標は、受付事務だけではなくて部署を越えて全店舗の女性スタッフが頼れる存在になることです。

  1. Home
  2. ハヤシの仕事
  3. 先輩社員インタビュー
  4. 高松店 受付事務 逸見 理映
ページの先頭へ