INTERVIEW

総合職 2011年度入社 服部 誠哉

総合職 2011年度入社 服部 誠哉

QUESTION 01

ハヤシに初めて出会ったのは合同説明会。他の会社以上にとても輝いている社員がとても印象的でした。気になって仕方がなかったので、単独説明会に参加しました。と言っても当時は、合同説明会・単独説明会には見栄えのいい人、活躍している社員しか連れてきていないんでしょ。と疑心暗鬼な気分で実際の店舗見学に行きました。(笑)しかし、自分の疑いはそこで晴れ、「あぁ、本当にイキイキと仕事をするってこういうことなのか」と実感しました。それが、私の“ハヤシ”を選んだ理由です。

QUESTION 02

若い社員が多いので活気があるのはもちろん、時代の流れに対応できる、柔軟性のある会社だと思います。自分の年次が上がっていくにつれて、入ってくる世代もどんどん変わっていきます。それに伴って教育体制が変化・確立されていったり、会社の仕組みもどんどんいい方向へ進んでいくので、個人的には大手の企業にも負けないような企業だと思います。昔はこの力が強かったり、成果を出した人が評価される仕組みだったのが、今はチームとして成果を出すということが評価されています。まだまだ完全ではないですが、逆に新しいポジションがどんどんできていって、ひとりひとりが活躍できる場が増えているのも魅力の一つだと思います。

QUESTION 03

私の仕事はカーライフアドバイザーです。来店されたお客様にお会いし、お客様とお話しさせていただく中で、その方のニーズを把握して行きます。当社は様々なメーカーの車種を扱っているので、必ずお客様のニーズに合った1台が見つかります。お客様によってニーズは様々で、一人として同じニーズのお客様はいません。その時々によって提案する車が違います。当社は限られたメーカーの車ではなく、多くの車種から選ぶことができるので本当にお客様の為の1台を提案できるのです。また、車はとても高い買い物。いくら商品がいいものでも、購入していただいた後にお客様のフォローをするのは私達の仕事です。そのことをお客様もよくご存知なので、販売の仕事は単に車を買ってもらうだけではなく、私自身もお客様から選んでいただいているのです。

QUESTION 04

原点に戻りますが、ご納車の瞬間が一番嬉しいです。昔は販売台数や数字に囚われていたので、売れた瞬間が何よりも嬉しかったと思います。ただ年次を重ねていく中で、自分から何台も車を買ってくれているお客様が増えてきて、そのお客様のご納車に立ち会うときなんかは特に感慨深いです。後輩社員の成長ももちろん嬉しいけど、お客様から「ありがとう」と言ってもらえることが何よりシンプルに嬉しいですね。あとはチームとして数字を追う中で、月末にみんなで数字を達成できた時もうれしいですよ。そして目標達成した仲間たちとともに、達成会でわいわい盛り上がるのも楽しみの1つです。

QUESTION 05

最近は子供とサッカーをしたりしてますよ。あまり得意ではないのですが。(笑)あとは自宅の庭で、みんなでバーベキューとかもよくします。社員を家族ぐるみで呼んだり、後輩も家に来たりとかして子供とよく遊んでくれるんです。そうやって自分の子供と会社の後輩が楽しそうに遊んでいるのを見ると、父親としてはほっこりした気持ちになりますね。

QUESTION 06

将来的には、会社の中核を担う人物でありたいと考えてます。自分の中で目標とする社会人像は、「かっこいい大人」であること。人を巻き込めたり、周りから応援される人になりたいなと思うし、自分が活躍・キャリアアップしていく中で、「頑張ればこれだけできる」という道筋を後輩達に照らしていくのは自分の仕事です。そのために今足りてないのは、正しい判断力と、覚悟を持つこと。店舗の数値や、決めた目標を絶対に達成するという覚悟は客観的に見ても自分に足りてないと感じてます。それができてくると、店長、役員とキャリアアップしていけると思うし、自分の後輩や上司、家族も含め、幸せにできる人間でありたいです。

  1. Home
  2. ハヤシの仕事
  3. 先輩社員インタビュー
  4. 東岡山店 総合職 服部 誠哉
ページの先頭へ