INTERVIEW

総合職 2012年度入社 小川 美紀

総合職 2012年度入社 小川 美紀

QUESTION 01

「今の自分では出来ない仕事に挑戦する」ことです。 これを軸に就職活動を考え、営業をしようと決めました。
正直、不安が無かった訳ではありません。実は幼い時は人見知りでいつもお母さんの後ろに隠れているほど、内気な子供だったんです。

QUESTION 02

私自身が双子の妹で、常に姉と競争し続けてきた人生でした。そんな中育ったので、これは入社してから出逢った言葉ですが、「なれる最高の自分になる」という想いがもともと根付いていたのかもしれません。
「なれる最高の自分になる」には今の自分のままではできないことに「挑戦」することが一番の近道だという考えに至りました。働く時間は人生の7割をしめているので。

QUESTION 03

尊敬できる先輩社員がいたことと、プロの講師による充実した研修内容があったからです。 出来ないことに挑戦したいと思っていたからこそ、出来るようになる環境や風土がある会社かは重要です。あとは、教えていただいたこと、指摘してもらったことを上下関係なく素直に受け入れる環境があったので、若い社員の意見も通ることに魅力を感じました。それが会社に対する信頼にも繋がって、ハヤシで成長し働くイメージがきちんと持てましたし、「一人前になれないことがもしあったら、会社の責任だ」と言ってくれた採用担当者がいたことも大きかったです。社員の一人一人を大切にしてるところが決め手となり、今の私があります。

QUESTION 04

数多くのお客さまに来て頂けるハヤシで接客をするうえで意識にしていることは切り替えの早さです。例えば5件商談をして1件の成約という結果だったら「確率が悪い。次も売れないんじゃないか」と考えるのではなく、「次は必ず売れるはず」とポジティブに考えて仕事をしています。繁忙期だと一日で約10件前後の商談をすることもあります。だからこそ大切にしているのは、『お客さまの時間をいただいている』、このことを常に考え行動をしています。誰でも時間は有限なのでお客さまにとって良い提案をして、気持ちよく購入を決めて笑顔で帰っていただけるように心掛けています。ハヤシが取り扱っている商品は品質や価格も他社より競争力があるので、後はどうニーズに合った提案が出来るかが重要になります。販売だけでなく、アフター サービスにも力を入れているからこそ、自信を持って販売できる。自分自身がハヤシのファンだからこそ迷うことなくお勧めが出来ます。

QUESTION 05

5年以内に女性店長になることです。私自身、心からキャリアップをしたいと思ったきっかけは、子育てをしながらバリバリ働いている女性との出逢いでした。その女性との出逢いで初めて、自分も同じように働いてキャリアップしていく姿をイメージすることが出来ました。イメージ出来ないことは目指せないと思います。その女性のように、一緒に働いている女性スタッフがキャリアップしていく姿を「イメージ」出来る働きをしていきたいです。それに、子育てをしながら店長ができる会社って、すごく夢があるし、強い会社だと思います。

QUESTION 06

素直で、謙虚な人。これは、成功する人の条件でもあります。素直で謙虚であれば、上司、先輩はもちろん、同期や後輩、部下からも学べるので、成長も早いです。すごく素敵ですよね。
就活は「人格を耕す」ことができる人生最大のチャンスです。就活ほど、様々な会社の歴史や理念、社長の想いを直接聞ける機会は他にはありません。是非、人格を耕して、今後の人生の基盤を創ってください。「内定がほしい学生さん」と「今、この瞬間の出逢いや学びを人生に活かそうとする学生さん」だったら、私は後者の方と一緒に働きたいです。

  1. Home
  2. ハヤシの仕事
  3. 先輩社員インタビュー
  4. 倉敷店 総合職 小川 美紀
ページの先頭へ