PHILOSOPHY

- 経営基本方針 -

第一に、顧客の立場になって、仕事を行う。
第二に、社員の生活向上に努力をはらう。
第三に、我が社の発展と安全に全力をつくす。

この三つの利益が常に一致するような経営を行うことにより、より広く地域社会に奉仕することを経営基本方針とする。

- 社訓 -

ひとつ、お客様への感謝は態度で示せ。
ひとつ、大きな声で話せ・大きな声はやる気につながる。
ひとつ、目標を持て。同じやるにしても結果が違う。
ひとつ、プロとは力のある人をいうのではない。力を出した人をいうのだ。

地域密着、一生涯のお付き合い

自動車が売れない時代になりました

20年前には日本全体で777万台だった販売台数が約3割減って、504万台にまで落ち込んでいます。

主要車種別自動車保有台数(年度・万台)のグラフ

そんな中、売り上げを上げるためには、どうしたらいいか。私たちは、自社の顧客数が大事!!だと考えています。

お客様と一生涯のお付き合いをしていく

「売って終わり」では、お客様は離れていく一方です。それでは、どうしたらいいか。

点検・整備・車検・自動車保険など、車に関する全てを自社で一貫して行うことで一生涯お付き合いしていく…
それが“生涯顧客”という考え方です。

なぜくるまのハヤシが成長し続けているのか?

“生涯顧客”という考え方で収益の最大化を図る。これが私たちの事業戦略です。

くるまのハヤシの収益構造は販売:点検・整備・車検:その他=(6 : 3 : 1)

実は、車の販売収益よりも自動車の整備収益の方が大きいのです。
時代にあったビジネスモデルを展開することで、くるまのハヤシは成長を続けています。

  1. Home
  2. 会社案内
  3. 理念・ビジョン
ページの先頭へ